logo

電送 人間

See full list on wpedia. キャバレーのボーイ:三浦敏男 33. スリラーショウの客:記平佳枝、児玉清、中西英介 3.

大西正義(海南貿易社長):河津清三郎 4. ことぶき荘の管理人:水の也清美 16. 電送 人間 Main Title / Pursuit Excerpts from the original motion picture soundtrack by Sei Ikeno, stereophonic enhanced by using my hard- & software equipment. キャバレーのボーイ:日方一夫 8. 福田純監督映画『電送人間』(1960年公開)を観た。見てもいいし見なくてもいい。 戦後十四年という設定。中丸忠雄が殺人を犯す動機は終戦直後のドサクサに紛れて金塊を盗みだそうとした仲間への恨み。.

音吉(小篠島の漁夫):大村千吉 18. 甲府署署長:桜井巨郎 30. 姿なき犯人に銃剣で刺殺されるという不可思議な銃剣魔連続殺人事件が発生。事件を追う新聞記者・桐岡は現場に残された遺留品クライオトロンから物体電送を研究する仁木博士の関与を推察する。その過程で敗戦時に博士の護衛を務めていた須藤兵長の存在が浮かび上がり、一連の銃剣魔事件が電送装置による須藤の復讐計画である事が判明する。実は須藤は、敗戦時のどさくさにまぎれて軍の資金と金塊を横領した元上官や同僚から、口封じのために仁木博士ともども殺されかけた過去があった注 1。戦後は博士と2人で軽井沢の小谷牧場でひっそりとくらし、博士の研究完成を機に次々と復讐を果たし、最後のターゲットである元陸軍中尉大西正義に迫る須藤。命を狙われた大西は愛知県知多半島の小篠島の別荘へ身を隠した。それを察知した捜査陣も須藤を現行犯逮捕すべく、大西の別荘へ急ぐ。. 花屋の配達人:土屋靖雄 38.

これで全ては解決したのだった。。。【終】 (行き場をなくし苦しむ電送人間). 小谷牧場の警官:上村幸之 ※以下クレジット表記なし 1. 【 電送人間 】 仲本(須藤)が物質電送機を使っていたためこう呼ばれる。 物質電送機は親機から子機へと物質や人間を電送で運べるもので、須藤はこれを利用しアリバイ工作に使っていた。. 10 6巻 2,342m 85分 カラー 東宝スコープ. 『電送人間』は1960年の日本映画。『電送人間』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画. 警視庁部長:向井淳一郎 39. 中条明子(日邦精機営業部の社員):白川由美 3. 「電送人間」の解説、あらすじ、評点、18件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - 「暗黒街の対決」の関沢新一の脚本を「恐るべき火遊び」の福田純が監督した怪奇スリラー。撮影は「暗黒街の対決」の山田一夫。特技監督・円谷英二。パースペクタ.

電送人間は 一平クン 西條康彦様が出演されているとの事で鑑賞に至った訳ですが、 予想以上に早々出番終了&92;(^o^)/ 東都新聞社の給士として登場なさった一平クンはどことなくセクシーなお声. 小林警部:平田昭彦 7. 海南貿易社員:天本英世、広瀬正一、桐野洋雄 21. 隆昌元(キャバレーの経営者):田島義文 9. 大西の失踪を知らせる刑事:松本光男 40. 別荘の婆さん(源三の妻):馬野都畄子 17. 電送人間 のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。. 悪魔の洞窟から出てくる客:小川安三 2.

スリラーショウの呼び込みの親父:沢村いき雄 11. 電送人間役の中丸忠雄氏のオーディオコメンタリーもあるが、「美女と液体人間」の佐原健二氏ほどの作品に対する愛情が感じられず、聞いていてもつまらない。 特典での製作スタッフの話は興味深いので必見。. 中本伍郎(須藤兵長):中丸忠雄 6. おばけの易者:伊藤実 5.

仁木嘉十郎(電気工学博士):佐々木孝丸 8. 塚本(ブローカー):大友伸 13. しかし、この作品で注目すべきは、電送人間の表現であろう。 動く人間像に、テレビの走査線をダブらせたようなビジュアルは、後年、あの「スター・ウォ−ズ」でお馴染みとなったホログラフ映像にそっくりである。. 志村(東都新聞の記者):松尾文人 15. 源三(小篠島の漁夫):瀬良明 20. トラック運転手:宇野晃司 27. 本田次席:佐田豊 19.

鑑識係員:橘正晃 7. 甲府の警官:岩本弘司 電送 人間 24. スリラーショウの客(女学生):丘照美 4.

警戒の警官(多摩川園):重信安宏 37. 検問の警官:岡部正 25. 電送人間 電送人間の概要 ナビゲーションに移動検索に移動電送人間The Secret of the Telegian監督福田純(監督)円谷英二(特技監督)脚本関沢新一製作田中友幸出演者鶴田浩二白川由美河津清三郎土屋嘉男中丸忠雄. 電送 人間 電送人間(1960)の映画情報。評価レビュー 44件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:鶴田浩二 他。 一人の男が銃剣で刺殺されるという事件が起こった。犯人を追いつめたものの、男の姿は密室から忽然と消えうせていた。. 井田(東都新聞学芸部のデスク):松村達雄 28.

丸根刑事:山本廉 14. 岡崎捜査主任:土屋嘉男 5. 多摩川園園長:土屋詩朗 22. 大野(キャバレーのボーイ):中山豊 26. 『物質電送機を使って完全犯罪を行い、敗戦時の犯罪をめぐる復讐を果たそうとする電送人間と記者の戦いを描くスリラー。1960年製作、東宝特撮映画。』 子どもの頃、私は大人たちが何か重大なことを隠しているのではないかとずっと疑っていた。それがどんなものかはわからなかった. More 電送 人間 videos. パトカーの警官:澁谷英男 41. トミ子(キャバレーの女給):小西瑠美 31.

See full list on eiga-watch. スリラーショウの客:熊谷二良 23. 電送装置もその衝撃で破壊されてしまい。。。 受信先の装置が破壊され行き場を失くした須藤兵長.

三浦(電気工学博士):村上冬樹 10. ※映画本編クレジット順 1. ”電送人間”にしても何故わざわざ予告したり”電送人間”になる必要があるのか? 復讐なら夜道で後ろから刺せばいい話。恐怖を与えて復讐するため? いや・・・映画的にそのほうが面白いから、予告しないと物語りにならないからか.

おばけの易者:北野明 電送 人間 32. 東都新聞学芸部の記者:堤康久 29. 電送 人間 電送人間の電送時のスキャンシーンや怪しい光に包まれ走査線ノイズみたいなものが全身に走る様相に勝るとも劣らないインパクトだ。 当時の昭和の雰囲気が出ているのかどうか、こういう店は本質的に時代を超越している気もする。.

電送人間 製作=東宝 1960. ユミ子(日邦精機の社員):樋口年子 36. ︎電送人間須藤登場シーン (今の人にはわかんないだろうけど) テレビの画像が乱れて上下に狂ったようにスクロールするあの感じで現れる電送人間。. スリラーショウの客(女学生):上野明美 35. スタートレック(Star Trek) スタートレックより宇宙大作戦かな 転送シーン チェコフ アントン・イェルチン 電送人間 東宝の変身人間シリーズ 1958年「美女と液体人間」 1960年「電送人間」 1960年「ガス人間第一号」 1963年「マタンゴ」 転送装置 ハエ男の恐怖 電送人間で気になったこと 拳銃.

電送人間役の中丸忠雄は無表情で幽霊的なイメージで この役に挑み、その後試写を見た所ゾッとしたそうで 次作にあたる「ガス人間」に出演依頼が来た際、 思わず断ってしまい暫く干されてしまったそうです。 にほんブログ村 電送人間(dvd) 20%off!. 東都新聞社の給仕:西條康彦 34. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. (死) 当時20歳ぐらいでしょうか~、Qより更に若くお美しい!.

電送 人間 パトカーを運転する警官:川村郁夫 9. 電送人間の須藤兵長が登場。 隆昌元が軍刀でぐさりと刺されてやられます。他の2人は逃げています。それでも仲間かかいと突っ込みたくなります。 小林警部と桐岡記者がかけつけます。 電送人間の須藤兵長は窓から逃げます。 追っかけのシーンとなります。. 電柱を登る警官:緒方燐作 10. 滝(土建屋):堺左千夫 12. 桐岡勝(東都新聞学芸部の記者):鶴田浩二 2. 理は電送人間の側にある。鶴田浩二の新聞記者に「動機は理解できる」と語らせているあたりは戦中派のシナリオらしい。そのままだと電送人間に目的を達成させてやりたい気にさせる。 ところが映画は電送人間を正義の味方にはしない。いやできない。.

電送人間の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「暗黒街の対決」の関沢新一の脚本を「恐るべき火遊び」の福田純が監督し. 記者:岡豊、清水良二、須田準之助 6. 電送人間がイラスト付きでわかる! 『電送人間』とは、東宝製作の特撮サスペンス映画。 概要 1960年公開。『美女と液体人間』から続く「変身人間シリーズ」の第二弾。次回作である『ガス人間第一号』と同時期に製作されたため、シリーズものとなった。. 『美女と液体人間』に続く変身人間シリーズの第2作。検討用台本の段階で「怪奇空想科学映画シリーズ」と銘打たれており、第3作『ガス人間第一号』も本作とほぼ同時期に検討用台本が完成しているなど、当初よりシリーズ物として製作が進められた。原作表記は無いが、海野十三が「丘丘十郎」名義で発表した小説『電送美人』が下敷きになっていると考えられている。 本来は本多猪四郎が監督を務めるはずであったが、『日本誕生』の製作遅延により順延となった『宇宙大戦争』の製作に追われていたため、『空の大怪獣ラドン』などで助監督を務めた福田純が監督に選ばれた。特撮班も『宇宙大戦争』の後に『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』が控えていたため、その合間の年末年始にかけて特殊技術の撮影が行われた。 『恐るべき火遊び』に続いて本作が監督作品2作目である福田はおおむねの好評を受けたことで、以降もアクション作品を中心に監督していく。主演の鶴田浩二は福田の助監督時代から親交があり、本作の主演は彼がキャスティング作業を始める前に決定していた。後年、福田は鶴田との関係を知っていたプロデューサーの田中友幸の配慮があったのではないかと述べている。 電送人間を演じた中丸忠雄は「お化け役」のように感じたそうで、当時に試写を見て「とんでもない作品に出てしまった」と真っ青になったという。そのため、田中が「『ガス人間第一号』のガス人間・水野役をやってくれないか」と声をかけてきたときは思わず断ってしまい、しばらく干されてしまったという。 1968年7月27日(土)フジテレビ(17:00-18:30)で、TV初放映された。. 『電送人間』『ガス人間第一号』の検討用台本では「怪奇空想科学映画シリーズ」と付記されている 。 1975年には、 福田純 監督の起用を前提に、 掛札昌裕 によって脚本が書かれ、『透明人間対火焔人間』という映画企画案が立てられたが、製作には至って.